ロード中...

徳佐りんごの林檎物語

林檎の樹らら 代表あいさつ

株式会社 林檎の樹らら   代表取締役 藤井 雅浩

 

から、徳佐の林檎は美味しいのです。

山口県徳佐の林檎栽培の歴史は古く、昭和21年には西日本で初と

なる暖地林檎の栽培がはじまりました。それまで林檎は温暖な地域

での栽培が難しいとされていましたが、一人一人の生産者が情熱

持って克服し、西日本一の産地になりました。林檎の産地として有名

な東北地方より暖かいこの地方では、開花期が一週間以上早く夏季

高温なため、成熟が早美味しい完熟林檎が採れるのです。

 

りんご物語|林檎の樹らら

とつひとつに愛情を込めて。

果実農園 林檎の樹ららは、ここ徳佐で本当に美味しい林檎

を食べていただくため、家族みんなで受粉から収穫まで一つひ

とつ手作業で愛情を込めて育てています。林檎作り一年中

大変忙しい仕事です。自然と向き合いながら土を育て、木を丁寧

剪定し、花や実を摘む。林檎が実り始めると今度は日よけ、虫

除けのため、ひとつひとつに袋をかけていきます。

 

毎年、8月中旬から11月ごろまでリンゴ狩りのシーズンは3ヶ

本当に目が回るほどの忙しさです。天候に左右される自然

仕事、なかなか思うようには行かないものですが手間ヒ

をかけモノを作り出すことは子育てみたいなものと喜び

誇りを見し、取り組んでまいりました。

林檎物語

そんななか農園の敷地内にて工房と喫茶店を始めたのが平成8

ことです。徳佐の自然と果実農園の空気を、アットホーム

わっていただけるくつろげる空間です。

 

樹ららの林檎は基本的に出荷されず、すべて観光(リンゴ狩り)

取っていただくのですが、その新鮮で完熟した林檎達を、もう

一手かけて加工し、お菓子やジャムやジュースに仕上げていき

 ます。大事に育てた林檎が、かたちを変えながらも「おいしい」とお

様に言っていただけるのは、やはり農家としてこれ以上ない喜

です。

徳佐りんごパイ

採れたての林檎活きた、また食べたいと感じていただける味。

手作りですが、お菓子としてクオリティーに妥協はできません

 た。試行錯誤を繰り返しながら追求を重ね、林檎の美味しさが

味わえるメニューを考えました。

 

その時期ならでは、旬の品種使その美味しさを最大限に引き出

ようレシピを工夫していす。林檎の生産者が作る、生まれ変わ

林檎の味をぜひ多くの人にわっていただき、幸せな笑顔

 えていただけることをを注いでいます。

 

りんごの樹ららアップルパイランキング